1950年アルミニウムを原材料とする家庭用諸金物及び建築用金具の生産販売により設立しました。
1953年プレス金型部門を新たに発足させ、技術向上、生産合理化、品質向上を計りました。
1959年金型部門の漸次需要の伸長に伴い、大型化、高精度化を要望され、
工場を増築し機械設備の更新によって合理化と作業能率の向上を図りました。
1961年資本金を900万円とし第二工場新設に着手しました。
1962年資本金を1500万円とし、第二工場新設に着手しました。
1970年本社金型工場完成、稼働を始めました。
1971年治具及びFRP金型製作に着手。
1972年上田産業株式会社(プレス加工部門)を設立し、各部門の一層の飛躍を図り、
資本金を2000万円としました。
1975年新明精機工業㈱(大型金型製作部門)を設立。
1977年スター工業㈱(大型金型製作部門)を設立。
1978年より一層の生産増強・合理化のためNC倣い機1・2号機を設置。
1979年本社工場を増築し、NC倣い機3・4号機をひきつづいて設置。
1983年本社事務所及び工場を増改築し、三次元自動測定機、1200TONトライ・プレス、
CAD/CAMシステムを導入しました。
1984年DNCシステム導入。
1987年RB-4N-NCなど、NC機の大型化を図りました。
1989年韓国にて合弁会社FIVE STAR ENGINEERING CORP.を設立。
1990年タイにて合弁会社KORAT SAISAN CO.,LTD.(K.S.C.)を設立。
 NC加工機MCV-25B(中高速タイプ)1・2号機を導入。
1991年P.T.PAMINDO TIGA T.(インドネシア)と技術提携。
1992年NC加工機MCV-25B(中高速タイプ)3号機を追加導入。
1995年S&Sエンジニアリングを設立、金型部門の統合化を図る。
1996年大型NC機MCR-BⅡ(5軸対応)を導入。
1997年CAM設備を更新。3D-CAD導入
1998年大型NC機MCR-BⅡ(5軸対応)2号機導入、工場床面全面補修及びクレーン設備更新及び増強。
1999年成形シミュレーション導入及び3D-CAD追加導入。
2000年ISO9001を取得しました。
2002年3次元レーザー加工機導入しました。中国・上海市に上海事務所を開設しました。
2003年アミノ製1200トン油圧プレス導入しました。
2004年ISO14000認証取得しました
2005年オークマ社製大型加工機MCR-A5Cをカム専用機として導入しました。
組織改革を行い明星金属工業㈱、㈱S&Sエンジニアリング、上田産業㈱、明星シンセティック㈱の
4社体制となりました。ISO14000を取得しました。
2006年オークマ社製大型加工機MCR-B2を高速仕上げ加工専用機1台を含めて2台を導入しました。
大分県宇佐市に 明星九州㈱を設立し、工場建設を行いました。
2007年明星九州㈱ に300トンサーボプレスラインを導入のうえ稼動開始しました。
2008年明星九州㈱ に55トンプレスを移設し能力を増強致しました。
2009年ダイハツ工業㈱様からの増資を受入れ、その後減資を行い明星金属工業㈱の資本金を2500万円と致しました。
2010年明星金属工業㈱のホームページをリニューアル致しました。
2012年未来水販売開始いたしました。
2013年IHI600トンプレス設置いたしました。
2014年オークマ製 MCR-A5C 1台導入しました。
2015年MCR-BⅡをレトロフィットしました。
2016年誕生日カード配布開始
QCリーダー会議スタート
新作Gr「若手技能講習」スタート
「JIT加工手の内化」取組みスタート
事務所・工場内LED化
2017年中期5ヶ年再生計画「チャレンジ25」完了
3D自動設計ソフト開発スタート
NC自動出力ソフト開発スタート
「ワンセット加工工法」取組みスタート
2018年オークマ製MCR-BⅢ導入
非接触式測定器 メトラスキャン導入
新中期5ヶ年計画「Graw Up 120」スタート
2019年H&F社製1800トンプレス機導入
工場すべての屋根を補強